Skip to Content

印刷用PR。

キャンベルホームについて

 各階の介護フロアは、東側ユニット西側ユニットの2つの介護ユニットから構成しており、2~4名のブロックに分けた居室ゾーンリビングゾーンで形成しています。各ユニットの定員は16名(短期利用のショートステイユニットのみ定員20名)となります。

 同介護度のグループユニットケアを行っており、介護度に適したきめ細かな介護サービスをご提供しています。

キャンベルホームについて

居室ゾーン

 自分だけの生活空間を確保した個室的な居室には、専用のベッド専用の収納及び家具をご用意しています。

また、ご希望により今までお使いになられていた思い出深い家具などを居室内に持ち込むことも可能です。

ベッドの近くにはヘルパー連絡用にナースコールボタン通話装置を設置し、トイレや洗面台は居室に隣接しています。

 

 なお、ご利用される介護フロアや居室は、介護度や健康状態、生活環境等を考慮した上、施設側で決めさせていただいております。
居室のご希望等にお応えできない場合もございますのでご了承ください。

キャンベルホームについて

 

入浴及び専用共用施設ゾーン

 各階の西側ユニットには、介護度に適した入浴設備をご用意しています。

2階は、医務室や看護ステーション、静養室、外来者宿泊室などの専用共用施設があります。
例えば、2階の重度介護フロアの入浴設備は、寝たままの状態で入浴できる寝台浴設備や車椅子のままで入浴できるチェアインバスを設置しています。

3階は、チェアインバスと個別に入浴できる個別浴槽の2基を設置しおり、皮膚疾患の方などがご利用いただけます。

4階の認知症介護フロアでは、数人で入浴できる広い介助浴槽や入浴後のリラクゼーションコーナーを設けています。

 

 

グループリビングゾーン

 居室の前には広々としたリビングゾーンがあります。

リビングゾーンには、お食事や趣味活動を行うテーブルやお仲間とくつろいでいただけるソファーなどがあり、ご家庭の居間のようにゆっくりとご利用いただけます。

また、専用のキッチンやカウンターテーブルでは簡単な調理や配膳のお手伝いをしていただくなど、ご利用者様の喫茶コーナーとしても活用しています。

キャンベルホームについて