Skip to Content

印刷用PR。

ご利用に際してご理解いただくこと

【利用資格】
公的介護保険制度による所定の手続きが完了している必要があります。
介護度の認定を事前に受けてください。
【健康診断】
入居審査時には健康診断書が必要となります。
当施設指定の健康診断用紙をご用意しておりますので、かかりつけの医師や病院にて健康診断をお受けください。
当施設から病院や医師をご紹介することもできますので、ご希望の場合はお申し出ください。
なお、健康診断の結果、施設内での生活が困難と判断される場合はご入居できない場合もございますのでご了承ください。
【入居審査】
当ホームでは介護の必要度に合わせたグループユニットケアを採用し、そのユニットに定員を定めているため、ご利用に際してお待ちいただく場合もございます。
また、施設は多くの方々がともにご生活いただく場ですので、共同生活に適さない方や運営にご協力いただけない方等につきましては、ご利用いただけない場合がございます。
【入居契約】
入居に際しては、所定の契約を交わしていただきます。
契約はご本人様(もしくはご本人様が契約行為をできない場合はご家族様)と締結いたします。
また身元引受人が必要になりますので、身元引受人を事前にご予定ください。
身元引受人に相応しい方がおられない場合はご相談ください。
【ご家族様の方へ】
ご高齢者様が新しい生活環境に慣れられるには相当の時間を要すると思われます。
またご家族様と離れて共同生活をなされるわけですから心細い感もあると思います。
ご入居後はできるだけ頻繁にご来訪いただけますようお願いいたします。
ご本人様の施設内での生活状況は定期的にご報告いたします。
ご本人様が病気等で入院される場合や生活状況に急を要する事変が発生した場合は、ご家族様にご連絡いたしますので事前に緊急連絡先は必ず施設にお知らせください。
【居室について】
ご本人様の居室は入居時から固定的に定めた居室ではありません。
入居期間中に介護度の変化や認知症の発症、共同生活の状況等により居室の変更が発生いたしますので、ご了承ください。
その際もご本人様やご家族様とご相談させていただきます。
居室内の収納には限りがありますので、季節の衣類や生活用品については、季節ごとに定期的にご家族様の方が入れ替えをしてください。
【貴重品について】
施設内には生活に必要なものだけをお持ちいただき、多額の現金や貴重品等はご家族様で保管してください。
施設側で管理が必要な場合は、別途詳細をお打ち合わせさせていただきます。